判例・事例

その他の事例・判例


働き方改革関連法の改正(平成30年6月29日に成立)①

はじめに 平成30年6月29日、働き方改革関連法案が成立しました。    この法律は、時間外労働の上限規制の導入を始めとする今後の労務管理・企業経営に大きな影響を及ぼすことが予想される重要な内容を複...
続きを見る


L産業事件(東京地裁平成27年10月30日判決)

はじめに 今回は、職務等級制度のもと職務変更に伴う降級の有効性が問題となった裁判例をご紹介 いたします。 1 事案の概要 原告Xは、被告Y社(L産業)の医療事業部医薬情報部においてチームリーダ...
続きを見る


有期雇用と無期雇用の賃金、手当等の相違はどこまで許されるのか

有期雇用と無期雇用の賃金、手当等の相違は不合理化か? ~ハマキョウレックス事件大阪高裁判決を参考に~ 1  通勤手当の相違のみ違法とした地裁判決  ハマキョウレックス事件の一審大津地裁彦根支部判決は...
続きを見る


改正障害者雇用促進法といわゆる問題社員のはざま(3)

【日本電気事件  東京地裁平成27年7月29日判決】 (1)この判決は、アスペルガー症候群と診断された原告について、主治医は、就労可能と診断していたが、復職の要件を片山組事件最高裁判決及び有力な学説...
続きを見る


改正障害者雇用促進法といわゆる問題社員のはざま(2)

パーソナリティー障害とまではいえないが、次のような事件も経験した 【あるアスペルガー症候群の社員の例】 ある社員を人材バンクの紹介で、試験の成績や職務経歴書も素晴らしい内容なので、幹部社員とし...
続きを見る


改正障害者雇用促進法といわゆる問題社員のはざま(1)

労働問題の現場では、精神障害あるいは発達障害だけではなく、いわゆるパーソナリティー障害(人格障害)が疑われるような問題社員の対応に苦慮することがある。 【金属加工会社社員の例】 (1)私が担当...
続きを見る


改正障害者雇用促進法の施行(平成28年4月1日)と実務上の問題(3)

(4)勤務配慮が既得権化することによる、事業活動への影響。 例えば、障害の程度が一時的に重くなったために、軽易作業に変更をしたが、その後、回復をしてきたため元の業務に戻そうとしたところ、労働者がそれ...
続きを見る


改正障害者雇用促進法の施行(平成28年4月1日)と実務上の問題(2)

(2)改正法は、募集・採用時と採用後の合理的配慮義務を別々に規定しているが、採用後の合理的配慮の提供が困難であると見込まれる場合にも、募集・採用時の合理的配慮の提供は義務なのか。例えば、障害を有する者が別...
続きを見る


改正障害者雇用促進法の施行(平成28年4月1日)と実務上の問題(1)

1 改正障害者雇用促進法 改正障害者雇用促進法のうち障害者に対する差別禁止(同法34条、35条)、合理的配慮義務(同法36条の2,36条の3)に関する規定が、平成28年4月1日から施行される。 ...
続きを見る


使用者の労働者に対する安全配慮義務や労働者が労働しやすい職場環境を整える義務について

アンシス・ジャパン事件(東京地裁平成27・3・27判決)をもとに、使用者の労働者に対する安全配慮義務や労働者が労働しやすい職場環境を整える義務について検討したいと思います。   【事...
続きを見る

法律問題でお困りの方、まずはお問い合わせください。
TEL.06-6365-7560 業務時間:平日 午前9時30分?午後5時30分 インターネットでのお問い合わせ・ご相談予約

PAGE TOP