判例・事例

労働時間に関する事例・判例


働き方改革関連法 「医師の面接指導」にかかる改正

はじめに  前回まで「働き方改革関連法」の改正内容につき、特に中小企業にとって影響が大きいと思われる点をご紹介してきました。  今回は、「働き方改革関連法の改正(平成30年6月29日に成立)③」の3に...
続きを見る


働き方改革関連法の改正(平成30年6月29日に成立)③

はじめに 前々回では、平成30年6月29日に成立した、働き方改革関連法の改正の概要とその施行時期をご紹介し、前回では、「長時間労働の是正」のための「時間外労働の上限規制の導入」をご紹介しました。今...
続きを見る


働き方改革関連法の改正(平成30年6月29日に成立)②

はじめに  前回では、平成30年6月29日に成立した、働き方改革関連法の改正の概要とその施行時期をご紹介しました。  今回は、中でも関心が高いと思われる「長時間労働の是正」のための「①時間外労働の上限...
続きを見る


働き方改革関連法の改正(平成30年6月29日に成立)①

はじめに 平成30年6月29日、働き方改革関連法案が成立しました。    この法律は、時間外労働の上限規制の導入を始めとする今後の労務管理・企業経営に大きな影響を及ぼすことが予想される重要な内容を複...
続きを見る


裁量労働制の議論に思う

1 「働き方改革」推進関連法案の中から企画業務型裁量労働制の対象業務を広げる内容の法案が削除された。厚労省の実態調査をやり直したのちに、労政審で再度議論して再提出する方向ということだが、是非しっかりと議論...
続きを見る


メディカルアライアンス事件(東京地裁平成29年1月25日判決)

1、はじめに  今回は、労働者が電話当番に従事していた時間を労働時間と認定したメディカルアライアンス事件(東京地裁平成29年1月25日判決)についてご紹介します。 2、事案の概要 被告Y社は、医...
続きを見る


業務負荷と労働時間の関係について

はじめに 今回は、業務負荷と労働時間の関係について、従業員の自殺につき、その遺族が長時間労働や過重労働により自殺に追い込まれたとして損害賠償の請求をした事例を通じて検討したいと思います。 1 事案...
続きを見る


無洲事件(東京地裁平成28年5月30日判決)

【はじめに】 今回は、無洲事件(東京地裁平成28年5月30日判決)をもとに、使用者の労働者に対する、時間外労働に関する安全配慮義務について検討したいと思います。 【判決の要旨】 本件における元従...
続きを見る


過労自殺をした行員の遺族が銀行の取締役に対して株主代表訴訟

~取締役の「安全配慮義務履行体制構築義務」と肥後銀行事件~ 1 遺族が株主代表訴訟  新聞報道(平成28年9月3日朝日新聞夕刊))によると、過労自殺をした肥後銀行の行員の遺族(妻)遺族が、株主の立場で...
続きを見る


警備員の仮眠時間の労働時間性~ビソー工業事件(仙台高裁平成25年2月13日判決)~

1 はじめに 今回は、警備員の仮眠時間が労働基準法上(以下、「労基法」といいます。)の「労働時間」に該当するかどうかが争われた裁判例をご紹介します。 労基法上の「労働時間」とは、「労働者が使用...
続きを見る

法律問題でお困りの方、まずはお問い合わせください。
TEL.06-6365-7560 業務時間:平日 午前9時30分?午後5時30分 インターネットでのお問い合わせ・ご相談予約

PAGE TOP